menu

初心者のハムスター〜飼育法〜

複数で飼う事が出来るのか?

複数で飼う事が出来るのか

1匹飼い?複数飼い?

これからハムスターを飼い始める人にとって一匹で飼うのか複数で飼うのか迷うかもしれません。

ゴールデンハムスターの場合一匹で飼うのが基本です。野生のゴールデンハムスターは単独で生活しています。ゴールデンハムスターは縄張り意識が強く複数で一緒のケージにいるとケンカしてしまいます。

どうしても複数で飼いたい場合は一匹つづ別のケージに入れなければなりません。ゴールデンハムスターの数だけケージを用意しましょう。ゴールデンハムスターを一緒にしてもいいのは、繁殖期のオスメスだけです。それ以外の時期のオスとメスでもケンカしていまします。

ドワーフハムスターなら比較的複数で飼う事が出来ます。しかしすべてが一緒に飼う事が出来るとは限りません。ペアでも集団でも子供の時から一緒に生活していないと複数では飼う事が出来ません。出来る場合もありますがとても難しくなります。

オスとメスで飼う場合、気をつけなければいけない事は繁殖力が強いということです。複数のオスメスで飼っているといつの間にか赤ちゃんが生まれて増えてる事にもなりかねません。むやみに増やさないためにはオスとメスを別々のケージで飼いましょう。

ドワーフハムスターでも違う種類は一緒に飼う事ができません。同じドワーフのジャンガリアン、キャンベル、ロボロフスキーでも性質がそれぞれ違うので一緒に生活できません。また赤ちゃんが出来てしまうかもしれませんが、遺伝子に問題がある子が生まれてしまうかもしれません。同じドワーフでも種類が違う場合は一緒に飼わないようにしましょう。

種類 複数 繁殖
ゴールデン × 一匹飼いが基本、繁殖のときだけオスとメスを一緒に出来る
ジャンガリアン 複数飼いはしやすいが、相性が悪い場合もある。その時には別のケージで飼う。
キャンベル 複数でも可能ですが、気が強いのでケンカしたら別のケージで飼う。
ロボロフスキー 複数で飼える。繁殖は他のハムスターより難しい。

ハムスターのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
ハムスターの臭い対策!市販の消臭剤ではダメな理由!
ハムスター用品の通販メニュー


関連記事