menu

初心者のハムスター〜飼育法〜

最初に必要な飼育用品

最初に必要な飼育用品

飼育用品の用意

ハムスターを初めて飼う場合どんな飼育用品が必要なのか迷う事があると思います。このページでどんな物が適しているか参考にしながら自分の好みだけでなく、ハムスターにあった飼育用品を用意しましょう。

ケージ

ハムスターを飼う事が出来るケージはいろいろなタイプがあります。それぞれ長所と短所などいろいろな特徴があるので自分にあったものを選びましょう。

水槽タイプ
説明 水槽タイプにはプラスチックで出来た物やガラスで出来たものもあります。
長所 保温性が良い。ハムスターの事故、怪我などが起き難いので安全性に優れている。フンや床財などが外に飛び散らない。
短所 保温性が高い為夏には向いていない。掃除の手間がかかる。
金網タイプ
説明 金網タイプは鳥籠のような感じのものですが、ハムスター用にも売られています。
長所 通気性が良い。掃除が楽。
短所 金網に足を挟んだりと怪我の危険性が高い。ケージの外にフンや床財が飛び散る。

大きく分けてこの二つのケージタイプがありますが、どちらも長所と短所があるので、よく考えて使いましょう。また夏と冬とで使い分ければ通気性や保温性の問題も解決しやすくなります。ただ金網タイプは、よじ登ったり、かじったり、足を挟んだりしやすいので気をつけましょう。

ケージの値段も様々なので、安く済ませたい場合は衣装ケースでも飼う事ができます。ただ、横からだと中が見えないのが残念ですね。衣装ケースの場合蓋に穴をあけるか、網状のもので蓋しましょう。通気性には気をつけましょう。

後は段ボール箱などでは飼う事が出来ません。ハムスターがかじって穴を開けてしまいます。脱走の原因になりますので簡単に破れるものは避けましょう。

巣箱

巣箱はハムスターの家にあたります。ハムスターは隠れるのが大好きなので出来れば巣箱を用意してあげましょう。巣箱があればハムスターが寝るときなども安心して寝るので落ち着きます。

市販されてる巣箱には木製、陶器、プラスチックなどがありますが、どんなタイプでも問題はありません。強いて言うなら木製だとかじっても安全なのでそこはメリットかもしれません。

巣箱は手作りでも構いません。木製でも紙製でも大丈夫です。紙なら空き箱や牛乳パックといろいろな物が使える可能性があるので楽しいかもしれませんね。壊れてもまた作ればいいので新鮮な気分になれるかもしれないですね。

床材

ハムスターのケージの中には床材が必要です。床材は市販されてる物でよくあるのが、木屑のシダーチップやパインチップがあります。これらは使いやすいのでお勧めです。また、家にあるいらない紙などを細かくして床材にしても良いです。

床材は5センチ位の深さを作ると良いでしょう。

家にある新聞紙やティッシュ、またはいらない紙で簡単に用意できます。ただ新聞紙だとハムスターにインクがついてしまう事があります。
木屑 木の香りがするので防臭に役立つ。市販の物で加熱処理されてるものが望ましいです。加熱処理されてないとアレルギーの原因になる事があります。
自然の環境に近いので穴を掘れます。ただ掃除が大変です。また虫やばい菌がいる可能性があります。
牧草 食べても害がないので安心。やや高価。吸水性が良くない。

床材にタオルや綿などの足を引っ掛け易いのでよくありません。食べたりしても腸閉塞などの病気になるのでやめましょう。


ハムスターのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
ハムスターの臭い対策!市販の消臭剤ではダメな理由!
ハムスター用品の通販メニュー


関連記事