menu

初心者のハムスター〜飼育法〜

ケージの設置方法

ケージの設置方法

ケージのセッティング

ケージのセッティングは初心者ならハムスターの事故や怪我が起きにくい水槽タイプのケージをオススメします。大きさは出来るだけ大きいものが良いです。ハムスターは運動量の多い動物なので走り回れる大きな物を用意しましょう。水槽は高いという方には衣装ケースを使うのも良いと思います。

ケージが用意出来たら、床材、巣箱、トイレ、給水器、エサ入れ、回し車等を設置します。全部が全部買う必要は無いので、家にあるもので代用できる物は代用しても良いと思います。市販のものの方が気分が出るという方は一式揃えるのも楽しいかもしれませんね。

セッティングのポイント

○ケージの大きさ

ドワーフハムスターなら最低30センチ水槽、ゴールデンハムスターなら45センチ水槽を最低ラインとして考えましょう。

○温度計湿度計

ハムスターは温度や湿度に敏感なので、あると状況を把握し易い。

○ふた

ケージからハムスターが脱走しないようにふたはあった方が良い。ただし密閉しないように網状のふたか、吸気穴を沢山開けましょう。

○巣箱

かじっても大丈夫な木製がおすすめ。屋根にハムスターが乗っても脱走できない高さを調節しましょう。

○床材

ハムスターが潜れるように、ドワーフハムスターなら5センチ以上、ゴールデンハムスターなら10センチ以上の深さを作りましょう。

○エサ入れ

安定してて、かじっても平気な陶器製がおすすめ。

○トイレ

巣箱とは離して設置しましょう。

○給水器

水が汚れないボトルタイプがオススメ。ハムスターが立ち上がって届く位置に設置しましょう。

○回し車

狭いケージにあるとストレスと運動不足の解消になります。もちろん広いケージにもあると良いでしょう。隙間に足がかからないのを選ぶかまたは、引っかからないように工夫しましょう。


ハムスターのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
ハムスターの臭い対策!市販の消臭剤ではダメな理由!
ハムスター用品の通販メニュー


関連記事