menu

初心者のハムスター〜飼育法〜

慣らし方

ハムスターを慣らす

ハムスターを買ったり譲って貰ったりする時間は夕方の時間を狙いましょう。ハムスターは夜行性で夕方ごろから活発に動き回り元気になるからです。しかしハムスターにとって引越しは緊張するものです。最初に家にやってきたハムスターに構いたいとは思いますが、ここはそっとしておきましょう。

ハムスターは慣れない環境では気が高ぶっています。無理に触ろうとすると噛み付いたりします。興奮しているなと思ったら、布をケージに掛けたり、暗い静かな所に置きましょう。

ハムスターを慣らし手乗りに。。

1~3日目

家にやって来た最初の頃はエサと水分だけはきちんと与えましょう。その他の事は一切しないで静かに見守りましょう。もちろん触れたりしない方が良いです。無理に触ろうとすると怒ったり、ストレスで弱ったりもしますので、とにかく静かに見守りましょう。

4~6日目

この位経つとハムスターも環境になれ、少し好奇心が出てきます。周りをクンクンしながら状況を把握しようとしています。この頃には手でエサを持って与えてみましょう。最初は手を動かさないでじっと待つようにしてみましょう。そして危険がない事と自分のにおいを覚えてもらいましょう。

7~10日目

においを覚えてもらったら、そっと頭や背中をなでてみましょう。嫌がる様子がなければ手のひらに乗せてみましょう。最初はハムスターも緊張してるかもしれないので低いところで乗せましょう。また爪を立ててる場合もあるので気をつけましょう。

ゴールデンハムスターとジャンガリアンが慣れやすいので、手乗りになりやすいでしょう。キャンベルは気が強いので根気よく慣らしましょう。ロボロフスキーは気が弱いので直ぐ逃げてしまいます。手乗りには向いていないのかもしれません。


ハムスターのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
ハムスターの臭い対策!市販の消臭剤ではダメな理由!
ハムスター用品の通販メニュー


関連記事