menu

初心者のハムスター〜飼育法〜

ハムスターのトイレのしつけ

ハムスターのトイレのしつけ

トイレのしつけ

ハムスターはトイレを同じ所でする習性があります。それを利用すればトイレを覚えてもらえて掃除が楽になります。トイレを覚えるのには個体差があるので、直ぐ覚えるハムスターもいれば全然覚えないハムスターもいます。全然覚えないハムスターの場合根気よく教えるのもいいのですが、やり過ぎるとストレスになるかもしれませんので、覚えない場合は諦めるのが得策です。

ハムスターがトイレを覚えるのはおしっこだけです。フンの場合はあまり決まった所でしません。フンはまめに取り除いてあげればそんなに汚れないので気にしないようにしましょう。

トイレを覚えるのはドワーフハムスターよりも、ゴールデンハムスターの方が得意みたいです。特にロボロフスキーは覚えないみたいですね。

もしトイレを覚えないハムスターの場合は床材をこまめに掃除し交換しましょう。そうすればにおいも気にならない程度になり衛生的です。

しつけの方法はハムスターがおしっこした所の床材や砂を、トイレの場所に少量置くだけです。ハムスター自身がにおいで判断し覚えます。覚えるまで何度か置きましょう。その他の所でした場合はその部分の砂や床材を捨てましょう。

またハムスターは巣箱や餌場から一番遠い所にトイレを置く習性があるので、一番遠い角にトイレを設置すると良いと思います。

トイレの形

市販のハムスターのトイレは砂が飛び散らないので便利です。また手作りでもかまいません。牛乳パックなんかとても使いやすいと思います。汚れたらすのまま捨てる事も出来るので楽です。

ゴールデンハムスターの場合体が大きいので体がすっぽり入る大きさのトイレを用意しましょう。

トイレの砂

トイレの砂はよく固まるタイプが売られてますが、固まらない砂がお勧めです。固まるタイプは掃除が楽なのですが危険がいっぱいです。間違って食べたり、ぬれた手足にくっ付く事もあるし、目にくっ付く事も考えられます。ですので固まらないタイプを選びましょう。

トイレ・砂浴び場


ハムスターのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
ハムスターの臭い対策!市販の消臭剤ではダメな理由!
ハムスター用品の通販メニュー


関連記事