menu

初心者のハムスター〜飼育法〜

ハムスターを手乗りにする

ハムスターを手乗りにする

手乗りハムスター!?

ハムスターの種類や個性にもよるのですが、手乗りハムスターになってくれるハムスターもいます。もし、ハムスターを手乗りにしたいのであれば、根気良く慣れてもらうようにしましょう。

ゴールデンとジャンガリアンは比較的慣れてくれますが、キャンベルとロボロフスキーはなかなか慣れてくれません。またキャンベルは気性が激しいので噛まれる場合もあります。

ハムスターは夜行性なので、夕方起きてきたら慣れる訓練をしましょう。もし夕方や夜になっても寝ていたらそっとして無理に起こさないでおきましょう。同じくエサを食べている時もそっとしておきましょう。

手乗りにするには先ず、ハムスターに慣れてもらうために手から食べ物をあげましょう。これは自分のにおいを覚えてもらう為と、手は危険なものでは無い事を覚えてもらう為です。手の食べ物を取ったら直ぐ逃げてしまうのはまだ慣れてないので、食べ物を取ってもその場で食べてる位まで慣れてもらいましょう。キャンベルやロボロフスキーは特に慣れるのが遅いので、根気良く続けましょう。

そうして慣れてもらったら、今度は食べ物なしで手を差し伸べてみましょう。差し出すときはゆっくりとしましょう。何も持っていない手にハムスターが寄ってきたり、手の上に登って来たら成功です。まだ手を怖がってるようでしたら食べ物を手であげる訓練を続けましょう。

手にも慣れてきたら、今度はそっと両手で水をすくう様にハムスターを乗せて持ち上げてみましょう。最初はまだ怖がる事があるので急に手を動かしたり触ったりすると暴れる事があるのでゆっくりと動かしましょう。ハムスターが手の上でクンクンとにおいを嗅いでいたりリラックスした様子なら手乗りハムスターは大成功です。

これからもハムスターと仲良く過ごしてください(^^

※ハムスターを触った後は必ず石鹸で手を洗いましょう。


ハムスターのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
ハムスターの臭い対策!市販の消臭剤ではダメな理由!
ハムスター用品の通販メニュー


関連記事