menu

初心者のハムスター〜飼育法〜

ハムスターの食事について

ハムスターの食事について

ハムスターのエサ

ハムスターは雑食性で何でも食べます。しかし偏ったエサはやはり栄養バランスが悪くなり健康にも影響します。ハムスターのエサにはいろいろありますが、ペレットを主食に野菜、穀類、の他にも動物性のタンパク質が必要になります。これらの物をバランス良く与えましょう。

エサ(主食)

エサ(おやつ)

ペレット

ペレットとは、人工的につくられたエサです。ペレットには半生の物や乾燥した固形のタイプがあります。半生は傷み易いので長期保存には適していません。乾燥した固形の場合は日持ちが良く、しかも硬い事でハムスターの歯が伸びすぎるのを防いでくれます。基本的に栄養バランスを考え凝縮されてるのでこれを主食に他にもいろいろハムスターに与えましょう。ハムスターは意外と好き嫌いがあるので食べてくれない事もありますが、慣れさせれば食べてくれます。

栄養成分ですがタンパク質16%、脂肪5%、繊維12%以上を目安に選ぶと良いと思います。

野菜

ハムスターにとって野菜も主食の一つです。野菜の水分があれば、給水器の水を飲まなくても平気な場合があります。野菜をあげる時は水でよく洗いましょう。農薬がついてると良くないですからね。洗ったあとは水分を拭き取るなりして水気をとりましょう。そして食べやすい大きさに切ってあげましょう。ハムスターが両手で持てる位が良いと思います。

○与えても良い野菜

にんじん、サツマイモ、キャベツ、カボチャ、ブロッコリー、チンゲン菜、小松菜、大根の葉、とうもろこし、等

○少なめにあげる野菜

トマト、キュウリ、レタス等は水分が多いのであげすぎると下痢します。これらは少なめにあげましょう。

種子

ハムスターにとって種子は嗜好品でありとても喜んで食べます。しかしカロリーがとても高いので、与えすぎると肥満になりますので、分量には気をつけて与えましょう。

ヒマワリの種、ピーナッツ、アーモンド、クルミ、ピスタチオ等

野草・牧草

自然界では普通に生えているので公園など探せば野草は手に入ります。必ず必要ではないですがたまには与えても良いと思います。また何が付いているか分からないので与えるときは水で洗いましょう。

ハコベ、タンポポ、クローバー、ナズナ、オオバコ、アルファルファ、チモシー等

動物性タンパク質

2~3日に一回動物性タンパク質のエサをあげましょう。ごく少量で問題ないです。

ゆで卵の白身、煮干、チーズ、小動物用のミルク、ヨーグルト、豆腐、ゆでた鶏肉、ドッグフード、キャットフード、ミルワーム等

煮干やチーズ等をあげる場合は塩分の少ない物を選びましょう。

果物

果物は等分が多いのであげ過ぎには気をつけましょう。あげる時はもちろん新鮮な物を選び、水洗いして与えましょう。

りんご、メロン、ぶどう、イチゴ、バナナ、パイナップル等

果物の中にはハムスターにとって有害な物もあるのであげないようにしましょう。

×アボガド、リンゴの種、梅、桃、びわ、サクランボ等は中毒になるので避けましょう。

サプリメント

ハムスター用のビタミン剤やミネラル剤が市販されています。ハムスターの健康を保つ効果があるので、与えても良いと思います。液状と固形などいろいろありますが、どれでも問題は無いです。

食べてはいけない物

ハムスターにとって有害な食べ物は結構人間の身近な物が多いので気をつけましょう。また食べて良いものでもあげ過ぎると健康に良くないので糖分と塩分には気をつけましょう。

×玉ねぎ、長ネギ 血液の中の赤血球を壊してします成分が含まれているため、貧血や肝不全といった病気を引き起こしています。
×チョコレート カフェインが含まれていて、中毒になる可能性がある。
×アボガド 肝臓障害、痙攣発作等を起こす場合がある。
×ドングリ 芽の部分にタンニンと言う物質があり、肝臓や腎臓の障害になる場合がある。
×野菜果物 リンゴの種子、桃、アスパラガス、ジャガイモ、ワラビ、トマト
×観葉植物(家に置いてある場合は気をつけましょう) サツキ、ツツジ、シダ、カラジューム、クリスマスローズ、ジンチョウゲ、ディフェンバギア、オシロイバナ、ヒヤシンス、アジサイ、アイリス、アヤメ、ショウブ、スズラン、アサガオ、スイセン、ポインセチア等。

ハムスターのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
ハムスターの臭い対策!市販の消臭剤ではダメな理由!
ハムスター用品の通販メニュー


関連記事