menu

初心者のハムスター〜飼育法〜

体の手入れをする

体の手入れをする

ハムスターの手入れ

ハムスターの健康チェックも兼ねて体の手入れをしてみましょう。手入れをすれば、ツメが伸び過ぎていないか、毛や体の汚れ、皮膚に何か異常が無いかチェック出来るので、ハムスターの健康を管理するのに役立ちます。しかし中には人間が苦手なハムスターもいるので無理に触れないようにしましょう。触れられるのが苦手なハムスターは透明なプラスチックのケースに入れて観察したりしましょう。

ハムスター飼育用品

ブラッシング

ハムスターは自分自身で毛づくろいをしますが、時々ブラッシングしてあげても良いでしょう。特に毛の長い長毛種はブラッシングがとても重要です。

ブラッシングはマッサージにもなるし、皮膚のチェックも出来るのです。

ドワーフハムスターは体が小さいので柔らかい歯ブラシでやさしくブラッシングすると良いです。

爪切り

野生のハムスターは穴を掘って生活しているのでツメが伸び過ぎる事は無いのですが、人間に飼育されている場合伸び過ぎる事があります。ツメの先が足の内側に向かって丸く伸びてるのはツメが伸び過ぎています。またやたら回し車や網にツメが引っかかる場合も伸びすぎの可能性があります。

おとなしい固体や体が大きいゴールデンは切り易いかもしれませんが、ドワーフハムスターは小さいので切り難いかもしれません。そういう時は獣医さんに相談してみましょう。

ハムスターが十分運動出来て自然とツメが削れるような環境が出来ていれば、特に気にする事は無いでしょう。

体重チェック

週に一度位ハムスターの体重を測って見ましょう。急激に太ったり痩せたりしていないかチェックしてみましょう。測る時は小さいケースに入れてはかりで測るのがやり易いと思います。

体の汚れ

ハムスターの毛や体が汚れた場合、お風呂など水が苦手なので避けて、タオルを温かい水で濡らししぼって体を拭きましょう。


ハムスターのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
ハムスターの臭い対策!市販の消臭剤ではダメな理由!
ハムスター用品の通販メニュー


関連記事