menu

初心者のハムスター〜飼育法〜

運動させよう

運動させよう

運動の必要性

ハムスターは野生では一日で数10キロも動き回るそうです。飼育されているハムスターは大抵ケージの中で過ごしいているので、なかなか走り回れません。そこで活躍するのが回し車です。回し車があれば数時間も回している時もあります。それくらいハムスターにとっては運動が必要だという事になります。運動不足になるとストレスもたまるし、肥満の原因にもなります。ぜひ運動する機会を与えましょう。

回し車と一言に言ってもいろんなタイプの回し車があります。ハムスターにあった大きさの回し車を選びましょう。また隙間の無い物を選びましょう。もしどうしても隙間があるのになってしまったら、厚紙で回し車の周りに貼り付けて隙間に手や足が挟まらないようにしましょう。

まわし車(ホイール)

時間がある人は、一日一回ハムスターをケージから出して散歩させましょう。もちろん部屋の中が安全である事を確認しましょう。小さな隙間はもちろん、物が落ちたりして怪我させないようにしましょう。

散歩といっても犬みたいに構う必要は無いです。ただ自由に動き回らせるだけです。出来るだけ触らない方がハムスターにとっては良いのです。ハムスター自身が近づいて来たときだけ触れましょう。

散歩の時間は小一時間程度で大丈夫です。


ハムスターのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
ハムスターの臭い対策!市販の消臭剤ではダメな理由!
ハムスター用品の通販メニュー


関連記事