menu

初心者のハムスター〜飼育法〜

胃腸に起きる病気

胃腸に起きる病気

胃腸の病気

お腹の病気でもっとも多い症状は下痢です。下痢の原因は様々ですが、中には重病の危険もあるので、たかが下痢だと思わないで獣医さんに診てもらうようにしましょう。

ウエットティル

症状:正式病名は「伝染性回腸過形成炎」と言います。下痢をしてお尻や尻尾が濡れている症状をウエットティルと呼んでいます。下痢、柔らかい便、食欲低下、脱水症状等が現れます。

原因:細菌性、真菌性、寄生虫感染、ストレス、不適切な食事等が考えられます。

治療:基本的には抗生物質で治療します、原因によって治療が少し異なります。ほうって置くと死んでしまう事もあるので獣医さんに診てもらいましょう。

細菌性腸炎・真菌性腸炎

症状:下痢をして、脱水症状を起こしたり、体重が減る時もある。

原因:腐ったエサ、不衛生な環境、ストレス等の原因で体力が低下した所に、細菌や真菌が感染して、腸からの栄養の吸収を邪魔するために下痢を起こします。

治療:抗生物質や抗真菌剤等を与えます。予防法はエサと環境を清潔に保つ事」です。

寄生虫性腸炎

症状:下痢をし、水っぽい便が出る事もある。慢性的になると痩せて、脱水症状を起こします。

原因:ジアルコア、トリコモナス、条虫、ぎょう虫と呼ばれる寄生虫から感染します。

治療:下痢止めと、寄生虫の駆除剤を使います。感染したハムスターのフンが付いたものは消毒しましょう。

直腸脱(腸重積)

症状:食欲と元気が無くなる。重症の場合、肛門から真っ赤な直腸が出て来てしまいます。これを「直腸脱」といいます。また空腸、回腸、結腸が重なると「腸重積」といいます。

原因:下痢のし過ぎで腸がひっくり返り、肛門から出てしまいます。ハムスターに良く見られる病気です。

治療:肛門から腸が飛び出しているのを見つけたら獣医さんに診て貰いましょう。早めに手術しないと危険です。予防法は日頃から下痢や便秘をさせない事です。

腸閉塞

症状:食欲が無くなり、便秘をして、痩せて来てしまいます。

原因:トイレ用固まる砂、タオル、綿、等を食べてしまい、それが消化されずに腸に詰まってしまう事で起こります。長毛種のゴールデンハムスターが毛づくろいをして自分の毛を飲み込んでなるケースもあります。

治療;消化器の運動が良くなる薬を飲ませます。それでも回復しない場合は開腹手術の必要があります。予防法は固まる砂、タオル、綿等をケージに入れない事です。


ハムスターのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
ハムスターの臭い対策!市販の消臭剤ではダメな理由!
ハムスター用品の通販メニュー


関連記事