menu

初心者のハムスター〜飼育法〜

皮膚に起きる病気

皮膚に起きる病気

皮膚の病気

ハムスターの皮膚の病気には様々な症状があります。かゆみが続くと体力を消耗し弱ってしまいます。早期発見の早期治療が大切です。また原因も様々なので、獣医さんに診て貰いましょう。

ニキビダニ症

症状:ゴールデンハムスターの場合腰からお尻にかけて脱毛したり炎症を起こしたりします。ドワーフハムスターの場合は首から背中にかけて脱毛したり炎症が起こります。痒がって引っかいたり噛んだりしまs。

原因:ニキビダニと呼ばれるダニに寄生されると起こります。また正常なハムスターでも寄生している事があり、免疫力が低下した時に発症します。授乳中に赤ちゃんはハムスターにうつる事が多いようです。

治療:注射や薬で寄生しているダニを駆除します。薬の副作用で元気がなくなる事もあります。予防には清潔な環境とエサと水の食べ残しフンの処理をまめにしましょう。

アレルギー性皮膚炎

症状:お腹、胸、わき腹など広い範囲でかゆみと発疹が出来たり、毛が抜けたりします。

原因:特定の床材や食事で起こるアレルギーです。シダーやパイン等の床材が原因になる事もあります。特に太っているハムスターに多い病気です。

治療:アレルギーとなるものを取り除きます。獣医さんにステロイドなどを貰い与えます。

細菌性皮膚炎

症状:毛が抜けたり、赤い発疹が出来たりします。

原因:怪我や傷口から細菌が皮膚に感染します。

治療:抗生物質で治療します。やはり環境が不衛生だと感染しやすいので、清潔に保ちましょう。


ハムスターのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
ハムスターの臭い対策!市販の消臭剤ではダメな理由!
ハムスター用品の通販メニュー


関連記事