menu

初心者のハムスター〜飼育法〜

歯と口周りに起きる病気

歯と口周りに起きる病気

歯と口の病気

ハムスターの長生きには健康な歯と口がとても大切です。ほお袋にもトラブルがあるので気をつけましょう。

ほお袋の炎症・膿瘍

症状:ほお袋が腫れて、重症な場合は顔も腫れます。腫瘍が出来たり、膿が出る事もあります。

原因:固く尖ったエサでほお袋を傷つけて炎症が起こる事があります。ほお袋には沢山の血管がある為傷つきやすく、そこからばい菌等が入って化膿します。また長い間ほお袋にエサを溜め込んで腐らせてしまうと、首の部分に膿が溜まる事があります。

治療:抗生物質と、膿が溜まっている場合は切開して膿を出す必要がありまあす。ほお袋に刺激を与えるようなエサは与えないようにしましょう。

ほお袋脱

症状:ほお袋が口の外に出てしまいます。ドワーフハムスターがなり易いようです。

原因:ほお袋からエサを出す時にエサがくっついてしまい、ほお袋ごと出てしまったり、何度もエサの出し入れで起こると言われています。

治療:ほお袋を取り出す手術が必要です。予防法は、ほお袋にくっつきやすい物を与えない事です。

不正咬合

症状:固い物が食べれなくなったり、食欲が落ちて痩せてしまいます。口が閉まらずよだれを垂らす事もあります。

原因:遺伝、または金網をかじったりして歯が曲がる事で噛み合わせが悪くなり発症します。

治療:獣医さんに歯をカットしてもらいます。症状が酷い場合は定期的にカットする必要が出てきます。


ハムスターのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
ハムスターの臭い対策!市販の消臭剤ではダメな理由!
ハムスター用品の通販メニュー


関連記事