menu

初心者のハムスター〜飼育法〜

胸周辺の病気

胸の病気

ハムスターも人間と同じ様に風邪を引いたりします。鼻水やくしゃみが出ていたら気をつけましょう。たとえ風邪でも肺炎を起こして重症になると死んでしまう事もあるので気をつけましょう。また年をとったハムスターは心臓病になりやすかったりします、飼育環境を良くすれば病状が良くなったりするので環境を整えて置きましょう。

肺炎

症状:最初は風邪の初期症状で、くしゃみや鼻水、酷くなると熱が出たり咳きが出たりします。また食欲もなくなります。悪化すると肺炎になり呼吸が苦しくなります。

原因:細菌やウイルスなどが原因。または不衛生だったりエサの栄養が悪く免疫力が下がり風邪を引き易くなります。

治療:ケージ内の温度を20~24度にし温かくしてあげましょう。そして獣医さんに診てもらいましょう。予防としてはケージ内の温度を保つ様にしましょう。バランスの良いエサ、ケージ内がきれい、ストレスが無い環境作りが大切です。

心不全

症状:呼吸が苦しそうになる。お腹で呼吸(腹式呼吸)をするようになる。また体温が低下し、あまり動かなくなる。

原因:年をとると増えてくる病気です。心肺機能が衰えてきた所に高血圧にあるような食事が加わると発病しやすくなります。

治療:利尿剤、血管拡張剤、強心剤などを与え、症状を落ち着かせます。また運動しすぎない様に回し車などを取り除きます。エサも塩分と脂肪が少なく、繊維質の多いエサにします。


ハムスターのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
ハムスターの臭い対策!市販の消臭剤ではダメな理由!
ハムスター用品の通販メニュー


関連記事