menu

初心者のハムスター〜飼育法〜

ハムスターが病気になったら

ハムスターが病気になったら

病気の時の世話

ハムスターが病気になったら、静かで暗い場所で、ゆっくり安静に休ませるのが大事です。

部屋の温度は25~28度位にしましょう。エアコン等の設定温度ではなく、部屋の温度に気をつけましょう。冬の場合は金網ケージではなく、水槽タイプかプラスチックのケージに入れ、外側にカイロを貼り付けておきましょう。ハムスターが自分で寒い時に壁際に寄っていけるようにしましょう。小動物用のヒーターがあればそれを使いましょう。

複数でハムスターを飼っている場合は、病気になったハムスターを別のケージに移しましょう。

病気の時のエサは、ペレットをふやかした物が良いでしょう。これに野菜や種子類をすり潰して混ぜたペースト状の物も良いでしょう。

ハムスターの具合が悪い時エサを食べない事がありますが、少しでも食べてもらうようにしましょう。どうしても食べない時はペースト状のエサをハムスターの上あごや歯の裏になすりつけてみましょう。ハムスターが嫌がるようなら無理にやらないで様子を見ましょう。

ハムスターが下痢の時は脱水症状に気をつけましょう。水かポカリスエットを薄めたのを与えましょう。


ハムスターのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
ハムスターの臭い対策!市販の消臭剤ではダメな理由!
ハムスター用品の通販メニュー


関連記事