menu

初心者のハムスター〜飼育法〜

出産間近になったら

出産間近になったら

出産の準備

お見合いが成功し交尾が終わったらいよいよ出産の準備に入ります。ハムスターのメスは妊娠すると気が荒くなります。一緒にいるオスを攻撃したりしてしまう事があります。またオスがメスを追いかけてまた交尾しようとしたりする事があるので、出来るだけオスとメスを別々のケージに移しましょう。

ハムスターはメスが一匹で出産と子育てをするので、別々にしても問題ありません。

妊娠すると、交尾から10日位で下腹部が膨らんできます。そして体重も増え歩き方ものろのろとしてきます。この時むやみにお腹を触るのは」やめましょう。流産してしまう事があります。

妊娠中、子育て中には沢山の栄養が必要です。エサにはタンパク質やビタミン、カルシウム等が多いエサを用意しましょう。ヒマワリの種などの種子類、肉、ミルワーム、チーズ、煮干等を毎日与えるのが良いでしょう。また水分も多く必要なので、水や新鮮な野菜を用意しましょう。

ハムスターの妊娠期間はゴールデンハムスターで16日、ドワーフハムスターで18日位です。妊娠が分かったら早めに出産の準備もしておきましょう。ケージは出来れば水槽タイプが良いですね。金網だと赤ちゃんハムスターが脱走したり手足を引っ掛けて怪我の危険があるからです。

出産用の巣箱は出来れば大きめなものにしましょう。家にあるティッシュ箱を少し加工すれば良い巣箱ができます。

出産が近づくとメスは巣作りするので、巣材になる床材など多めに入れてあげましょう。またこの時期は静かな場所で出産出来るようにしてあげましょう。メスが落ち着かないようっでしたら、ケージにダンボールや布を被せて暗めにしてあげましょう。もちろん空気の通り道は忘れないようにしましょう。そして掃除も控えエサと水換え以外はあまり近づかないようにしましょう。

出産はだいたい深夜から早朝の静かな時間帯に行われるようです。特に手伝う事はないので静かに見守りましょう。


ハムスターのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
ハムスターの臭い対策!市販の消臭剤ではダメな理由!
ハムスター用品の通販メニュー


関連記事