menu

初心者のハムスター〜飼育法〜

ハムスターの子育て

ハムスターの子育て

ハムスター赤ちゃんの育て方は、人間には難しいので親ハムスターに任せます。また出産後はとても神経質になっているのでそっとしておいてあげましょう。産まれたばかりの赤ちゃんハムスターを見てみたいとは思いますが、赤ちゃんには毛も生えていなく、目も見えていません。そして親に温めてもらい面倒を見てもらわないといけない時期です。この時に刺激を与えてしまうと親がストレスでちゃんと育児出来ないかもしれないので、一週間位は遠くから静かに見守りましょう。

時々赤ちゃんハムスターが巣箱から迷い出してしまう事がありますが、普通は親ハムスターが連れ戻してくれます。しかし端っこ過ぎて気が付かない場合は巣箱に戻してあげる必要があります。

戻し方は絶対に手で戻してはいけません。手で持って人間のにおいが付いてしまうと、母親が育児をしなくなる可能性があります。育児放棄された赤ちゃんハムスターは専門的な知識や道具が無いと育てるのが難しいのです。ですので、人間のにおいが付かないようにカップですくったり、割り箸をティッシュ等で巻いてそっと巣箱に戻してあげましょう。

赤ちゃんハムスターは成長がとても早く、約3週間でおっぱいを飲まなくなり、親と同じエサを食べだします。また1ヵ月を過ぎると繁殖能力が備わってきますので、オスとメスを別々のケージに移しましょう。兄弟で交尾してしまうと奇形児が産まれてしまう事があるので避けましょう。

子育て中と後の親ハムスターは体力が消耗しているので、妊娠中と同じように栄養のあるエサを与えるようにしましょう。赤ちゃんハムスターを人にあげる時期は1ヵ月半から2ヵ月位が良いでしょう。


ハムスターのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
ハムスターの臭い対策!市販の消臭剤ではダメな理由!
ハムスター用品の通販メニュー


関連記事