menu

初心者のハムスター〜飼育法〜

ハムスターの臭い?ニオイの消し方と原因

ハムスターのニオイの消し方と原因

愛らしいハムスターはアパートやマンションでも飼いやすく、狭いスペースでも手軽に飼育できるので、ペットとして癒されている飼主さんも少なくないでしょう。

ですが、そんな飼主さんが気を付けたいのがハムスターの臭いです。

小さい体にも関わらず、ハムスターは意外に臭いが強いという特徴があります。

臭い対策にはどんなことをすればいいのか、その原因や消し方、日常的にできる臭い防止法などについて覚えておきたいものです。

ハムスターが臭くなる原因は?

ペットのハムスターが臭くなるのは、体臭・糞尿・エサの食べ残しなどが主な原因です。

基本的にハムスターには強い体臭はないものの、種類や個体によっては体の臭腺から嫌なにおいを発するものもいます。

臭腺の分泌液による悪臭は部屋全体に広がるほどのものではないため、室内が臭いと感じるなら他の原因があるのかもしれません。

臭いの原因はおしっこやエサ

糞尿の臭いはペット飼育に付き物ですが、ハムスターの場合は糞(ウンチ)にはあまり臭いがないので、尿(おしっこ)のほうが問題になります。

それ以外に考えられる原因はエサの食べ残しです。

ハムスターのエサには強い臭いはないのですが、食べ残しを放置しておくと悪臭の元になることがあるので注意が必要です。

ハムスターの体臭の原因と消し方

原則としてハムスターには強い体臭はないのですが、ゴールデンハムスターなど一部の種類には体臭がするものもあります。

体臭の原因となるのは、腰の左右またはお腹周辺にある「臭腺」の分泌液です。

ハムスターはこの分泌液をテリトリー内に擦り付けて、「ここは自分の縄張りだよ」と主張するために用います。

縄張りの主張は動物の本能ですから、なかなか改善はむずかしいかもしれません。

一部のハムスターには体臭があることを知り、日常的なケアで臭い対策をしましょう。

体臭を消す方法はお風呂?

ペットの体臭対策というと最初に思い浮かぶのが「お風呂」です。

残念ながらハムスターはお風呂に入れてはいけないので、シャンプーや入浴で体臭を消す方法は使えません。

もともとハムスターは、モンゴルやイスラエルなどの乾燥した砂漠や草原で暮していた動物でした。

そのため水浴びをする習慣がなく、お風呂などに入れると毛が渇きにくくなるので体調不良の元になってしまうのです。

体臭対策のためでも、ペットのハムスターは絶対にお風呂に入れないようにしましょう。

お風呂以外の体臭対策は?

ハムスターの体の臭いが気になる場合は、ゆるま湯で濡らして固く絞ったタオルなどで毛並みを優しく拭いてあげるようにしてください。

柔らかい専用ブラシで毛並みをブラッシングするのも効果があります。

臭いが気になる前に定期的に体を拭いたりブラッシングをしておいてもいいでしょう。

それでも体臭が鼻につくようなら、ハムスターまたは小動物専用の消臭スプレーを使うという方法を試してみてください。

最近ではAg(銀)やヒバなど天然成分を配合したものが販売されています。

ハムスターの飲み水に混ぜて体臭を抑制するウォータータイプのものも人気です。

糞尿による臭いの原因と解消法

ペットのハムスターの臭いの主な原因は尿(おしっこ)です。

糞(ウンチ)にも多少の臭いはあるものの尿の臭いの強さには及びません。

ハムスターはもともと乾燥した地域に棲息していた動物のため、体内の水分を体外に排泄しないという構造の体になっています。

おしっこに関しても量が少ない反面、濃いという特徴があるのです。

濃い尿=臭いが強い尿と言い換えることもできます。

糞尿の臭いを解消するには?

ハムスターの糞には強い臭いはなく、お尻のあたりに顔を近づけてみてもあまり臭いません。

特に糞が臭うという場合を除き、臭い対策は尿に絞って実行していいでしょう。

おしっこの臭いを防ぐには、消臭効果のあるトイレ砂を使うのが効果的です。

ハムスターが消臭トイレ砂のうえで必ずおしっこをしてくれれば、臭いを吸収して抑える効果が期待できます。

ケージが広いようなら少し多めにトイレ砂を入れておくと、水浴びならぬ砂浴びをしてハムスター自身が体をきれいにしてくれるので一石二鳥です。

ハムスター用の脱臭トイレなどの商品も販売されています。

春夏秋冬ごとの臭いの違いと対処法

春(3~5月)

春はハムスターにとって過ごしやすく、特に臭いが気になることもないはずです。

少し気温が上昇して来るようになったら、尿の臭いや食べ残したエサの臭いには注意しましょう。

トイレの始末をしっかりとし、残ったエサは早めに処分してください。

梅雨(6月)

じめじめした梅雨の時期には、ハムスターの臭いが気になることがあるかもしれません。

水で濡らして固く絞ったガーゼで毛並みを拭いてやったり、こまめにブラッシングを行ないましょう。

この時期も食べ残しのエサには要注意です。

夏(7~9月)

夏場は最も臭いが気になる季節です。

トイレ砂が汚れたら早めに交換する、エサの食べ残しは早め早めに処分する、おしっこがケージについていないか注意するなどのケアが効果的でしょう。

水分の与え過ぎにも注意してください。

秋(9~11月)

秋もハムスターにとっては過ごしやすい時期です。

暑さが残る期間は毛並みのケアをこまめにし、少し気温が下がってきたら床材を入れてハムスターが寒くないようにしましょう。

チップなどの床材はおしっこの臭い防止にも役立ちます

冬(12~2月)

ハムスターは寒さに弱いので飼主のケアが必要な季節です。

ペット用のヒーターを入れた場合は食べ残したエサが腐らないように注意してください。

室内のエアコンを作動しているようなら、おしっこの臭い対策として消臭スプレーを用いてもいいでしょう。

臭い対策で気を付けるべきことは?

ハムスターは可愛いうえに飼いやすいペットとして人気です。

狭い室内で飼われることも多く、飼主自身や来客にとって臭いが気になるケースも多いかもしれません。

動物だから多少の臭いがあっても当然という考え方もあるでしょう。

とはいえ屋外での飼育ができない以上、最低限の臭い対策を施す必要があります。

次にハムスターの臭い対策で気を付けたいことと、日常的にできる臭いケアの方法を紹介します。

トイレの掃除はこまめに

ハムスターの臭いの主な原因はおしっこです。

消臭効果のあるトイレ砂やチップの床材などを使用すると共に、こまめに掃除をするようにしましょう。

砂やチップだけでなく、ケージの柵や枠にもおしっこが付いている場合がありますので、ペット専用のクリーナーなどを使って清潔にしておいてください。

掃除を溜めてしまうと面倒になるので、毎日コツコツ続けるのが上手くいくコツです。

エサの与え方に工夫しよう

エサを多く与えるとハムスターはすべて食べてしまいます。

なかにはエサを隠して取っておくハムスターもおり、室内の温度によっては腐って悪臭の原因になることもあるようです。

気温や湿度の関係でエサが腐りやすい時期は与える量を調整してください。

ケージ内もときどき点検し、ハムスターがエサを隠していないかチェックしましょう。

エサのやり過ぎはハムスターの体調不良の原因にもなるので注意が必要です。

毛並みの清拭やブラッシングも

定期的にハムスターの毛並みを拭いてあげたり、ブラッシングをすると臭いを防ぐことができます。

ハムスターによっては自分のおしっこを体になすり付けるものもいるので、水のいらない小動物専用のパウダーシャンプーを使ってお手入れしてあげてもいいでしょう。

ケアには小動物専用のお手入れブラシやパウダーブラシを使うと便利です。

手足の汚れには低刺激のペット用ウエットティッシュを使うという方法もあります。

毎日のお世話を軽減!「カンファペット」の詳細はこちら
petnyuryoku


ハムスターのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
ハムスターの臭い対策!市販の消臭剤ではダメな理由!
ハムスター用品の通販メニュー


関連記事